ワーシップミニ講座


■ 近年聞かれる「プレイズ&ワーシップ」
従来、礼拝音楽は賛美歌・聖歌が用いられて来ましたが、現代においては「プレイズ&ワーシップ(以下P&W)」と併用で礼拝が持たれている所も増えてきているようです。皆さんも「P&W」や「ヒルソング(※)」という言葉を耳にされたことがあるのではないでしょうか。
このP&Wとは何でしょうか。時代の流行に合わせて生まれ、若い人達のセンスや好みによって築かれた、若い人達だけの為の礼拝音楽なのでしょうか。

■「P&W」は礼拝を教えてくれる
「P&W」はとてもユニークな言葉であると同時に、この言葉について正しく知ることは、とても大切です。単に礼拝音楽のジャンルを示すだけではなく、「P&W」について知ることは、「どのように礼拝を捧げるか」を正しく学ぶことにつながるからです。
詩篇100篇4節に『感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。』とあります。私達が礼拝で主の御前に進み出る時、まず捧げるべきなのは感謝と賛美であると、御言葉は教えています。

■「P&W」に込められた祝福
礼拝において、賛美はとても重要な意味を持っています。聖書から「P&W」について学ぶと、神様からの大きな祝福を見つけ出すことが出来ます。ここに、あのヒルソング教会が大きく成長している理由の1つを見ることが出来るのです。
「P&W」は、神様からの恵みです。神様は恵みを与えたいと思われ、私たちがそれを求めることを常に願っておられる方です。私たちもその恵みを味わいましょう。
「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。」マタイ7:7
「神よ。私はあなたを呼び求めました。あなたは私に答えてくださるからです。」詩篇17:6
「さあ、主に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。主は大いなる神であり、すべての神々にまさって、大いなる王である。」詩篇95:1~3

※「ヒルソング」とは、オーストラリア、シドニーにあるヒルソング・チャーチ(Hillsong Church)という教会のメンバーによって作詞・作曲・演奏されているプレイズ&ワーシップの曲を指します。ヒルソング・チャーチは1983年に開拓され、当初から爆発的に成長し続けています。日本でもよく歌われるようになった『Shout to the Lord』(日本語:『叫べ全地よ』)を生み出した教会で、その他にも数々のワーシップソングを発信しています。
Hillsong Church

学校名
Worship! JAPAN (音楽神学校)
学長
ジョシュア佐佐木
所在地

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCC205 総動員伝道内

設立
2002年4月
受付
10:00〜17:00(火曜日~金曜日)
電話

03-3518-9898

FAX

03-3518-9897

MAIL
worship3939@gmail.com
教会会場

〒121-0807
東京都足立区伊興本町2-1-10 神の家族主イエス・キリスト教会